エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップへ >> 『2012年8月』の記事一覧

RSS MTのバージョンアップとデザイン修正

この記事を読むのに掛る所要時間: 323

今日は、

 

久しぶりのMTの作業ということもあり、

 

少しブランクを感じつつもまずMTのバージョンアップ(MT4からMT5へ)から開始です

 

バージョンアップは簡単で、

 

旧MTのインストールディレクトリを適当な名称に変更してやり、

 

新MTのインストールディレクトリへアクセスすれば勝手にバージョンアップは行なってくれます。

 

=======================================================================
仮に、
「mt」といディレクトリ名でMTをインストールしていたとします。
URLはhttp://example.com/mt/

 

①元々インストールされているMT4の「mt」ディレクトリを「mt_bk」などと名称変更します。

 

②次に、「mt」ディレクトリを新規に作成して、MT5のファイル一式をそこにアップします。
※MT5の最新ファイルは予めダウンロードして、解凍しておいてください。
若しくはサーバー上で直接解凍してもOK

 

③上記ファイルのアップロードが完了したら、
http://example.com/mt/へアクセスします。
すると、アップロードの開始ボタンが表示されるので、
それをクリックするとアップロードが開始されます。
※アップロードは1~2分程で完了します。

 

④あとはMT4の際に使用していたプラグインをMT5でも使用出来るように、
それぞれMT5にも対応した最新のプラグインを入れなおしてやれば完了!!
=======================================================================

 

の筈だったんですが、

 

==============================
テンプレートモジュール(コメント入力フォーム)でエラーが見つかりました。
は存在しません(224行目)。
==============================
などいうエラーが。

 

スパム対策として入れていた「MT-Keystrokes」というプラグインに問題があるらしいです。

 

調べてみると、

 

「MT-Keystrokes」は元々MT3対応のプラグインらしく、

 

「keystrokes.pl」ファイルの65行目の

 

「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^3\.);」の部分を

 

使用するMTのバージョンに合わせて書き換えてやればいいらしいです。

 

ここは、MTのバージョンを指定しているみたいですね。

 

ということで、

 

早速「keystrokes.pl」ファイルを開いてみると、

 

既に
「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^4\.);」

 

と書き換えられていました。

 

恐らく、

 

このブログを最初に設置した人間が「3」→「4」へ変更したのだろうと思いますが、

 

今回のバージョンはMT5なので、

 

更に
「return 1 unless $MT::VERSION =~ m(^5\.);」
と書き換えてやればOKです。

 

これで、
エラーは無くなりました!!

このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。
一言:頑張って面白いブログを書きます。

月別アーカイブ

  •  

    • [—]2017 (10)
    • [+]2016 (49)
    • [+]2015 (86)
    • [+]2014 (81)
    • [+]2013 (104)
    • [+]2012 (78)
  • カテゴリー