エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップへ >> 『2013年9月』の記事一覧

RSS FPDF セル内での改行

この記事を読むのに掛る所要時間: 157

FPDFで1つのセル内で長い文章を表示させようとすると、

 

改行されずにセルの右側を突き抜けてしまいます。

 

こんな感じです。
========================================================================
AddSJISFont();
$pdf->Open();
$pdf->AddPage();
$pdf->SetFont(“SJIS”, “”, 16);
$pdf->Cell(100, 10, “長い文章を出力してみます。あああああああああ”, 1);
$pdf->Output();
?>

出力側はこちらです↓
FPDF 改行されていないパターン(Cellメソッド)

========================================================================

 

こんな場合は、

 

$pdf->Cell()ではなく$pdf->MultiCell()を使ってやれば、

 

自動で改行してくれます。

 

$pdf->Cell(100, 10, “長い文章を出力してみます。あああああああああ”, 1);

$pdf->MultiCell(100, 10, “長い文章を出力してみます。あああああああああ”, 1);

 

とするだけです。

 

出力側はこんな感じです↓
FPDF 自動改行(MultiCellメソッド)

 

さらに、

 

特定の位置で改行させたい場合には、

 

改行コード「\n」を入れてやれば大丈夫です。
※Cell()メソッドだと改行コード「\n」は使用できません。

 

コードは、

$pdf->MultiCell(100, 10, “長い文章を出力してみます。\nあああああああああ”, 1);

となります。

出力側はこんな感じです↓

FPDF 改行コード使用(MultiCellメソッド)

ちゃんと「長い文章を出力してみます。」の後ろで改行されていますね!!

このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。
一言:頑張って面白いブログを書きます。

月別アーカイブ

  •  

    • [—]2017 (10)
    • [+]2016 (49)
    • [+]2015 (86)
    • [+]2014 (81)
    • [+]2013 (104)
    • [+]2012 (78)
  • カテゴリー