エンジニア足立のコーディング日記

エンジニア足立のコーディング日記

ブログトップへ >> 『2014年6月』の記事一覧

RSS Rubyをインストール!!

この記事を読むのに掛る所要時間: 39

ふと、Rubyを使いたくなり、

 

弊社テストサーバーで環境を整えてやることにしました。

 

まずは、

CentOSのサーバーにRubyをインストールしようとしたのですが、

 

どうもCentOSにパッケージングされているRubyのバージョンは古いようなので、

 

本家から最新版をとって来てインストールする事にしました。

 

# cd /usr/local/src

 

//最新版を取得して、解凍します。
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/2.1/ruby-2.1.2.tar.gz
# tar zxvf ruby-2.1.2.tar.gz
# cd ruby-2.1.2
# ./configure
# make
# make install

 

ここまではすんなりインストール出来たので、

 

念の為インストールしたバージョンを確認してみます。

 

# ruby -v
ruby 2.1.2p95 (2014-05-08 revision 45877) [x86_64-linux]
とバージョンが問題なく表示されたので、無事インストール出来ているようですね!!

 

あとは、

 

「httpd.conf」ファイルに

 

> AddHandler cgi-script .cgi
という記述があるので、

 

AddHandler cgi-script .cgi .rb

 

としてやれば、

 

ファイルの拡張子は「rb」で扱えるようになります。
※「httpd.conf」ファイルを修正したので、apacheの再起動も忘れずに。

 

では、

 

早速「test.rb」というファイルを作成して、

=====================================
#!/usr/bin/ruby

print “Content-type: text/html\n\n”
print “Test”
=====================================

と記述して、

 

ブラウザ上から確認してみることに!!
※ファイルの属性は「705」にします。

 

You don’t have permission to access…

 

というエラーが!!

 

エラーログを確認してみると、

 

Options ExecCGI is off in this directory…

 

というエラーが吐き出されていました。

 

CGIを実行出来るように、

 

「httpd.conf」ファイル該当Directoryの「Options」の後ろに「ExecCGI」を追加してやります。
例:Options FollowSymLinks ExecCGI

 

あとは、

 

apacheを再起動してもう一度アクセスしてみます。

 

今度は、

 

無事にブラウザに「Test」と表示されました。

このページのTOPへ戻る

著者情報

足立 拓也(あだち たくや)
1980年生まれ。
出身:兵庫県丹波市。
趣味:ボクシングジム通い。
特技:歴史の話しをすること。
一言:頑張って面白いブログを書きます。

月別アーカイブ

  •  

    • [—]2017 (9)
    • [+]2016 (49)
    • [+]2015 (86)
    • [+]2014 (81)
    • [+]2013 (104)
    • [+]2012 (78)
  • カテゴリー