人生に必要なことは、防衛大学で教わった。

防衛大学校卒のIT企業社長によるビジネスブログ

人生に必要なことは、防衛大学で教わった。

卒業式に思いを馳せて

テレビでご覧になった方もいらっしゃると思いますが、
3月23日は防大の卒業式。

私が卒業したのが1997年ですから、
あれから約20年経つんだなあと感慨深くなりました。


私もテレビでその様子を見て、
ふと自分の卒業式のことを思い出しました。


学生隊学生長の号令で帽子を投げて式が終るわけですが、
帽子を投げる前に感じたのは
「これでやっと開放される」という開放感よりも
「ああ、これを投げてしまったらすべて終ってしまうなあ。」
という寂しさでした。


2012年6月から約2年間、
ブログを書くことで当時の学生生活を振り返り、
改めて防大で多くのことを学ぶことが出来たと感じています。


・規則正しい生活を送ること

・約束の時間を守ること

・先輩や後輩を大事にすること

・リーダーシップやフォロワーシップ

など沢山ありますが、
中でも私が防大生活で得たことの中で
特に大きかったと思うのは以下3つです。

 

①自己完結 
防大は軍人を育てる学校ですから、他人に頼ることを前提とした人間育成を行いません。

他人に頼ることを前提とした教育をしてしまうと、
いざ戦闘になった場合その人間だけではなく
他人も巻き込まれて死んでしまうからです。

裁縫、アイロン、洗濯など身の回りのことに始まり、
銃の分解から組み立てにいたるまで、
基本的になんでも自分1人で出来るようになります。


これは今の経営者という仕事に照らし合わせると良し悪しで、
何でも自分でしてしまう癖が付いてしまい他人に仕事を任せることが出来ない。

これは経営者としては失格で、
長らく僕の課題であり続けています。

 

②人を見捨てない
防大で最も厳しく指導されるのは他人を見捨てたときです。

例えば、毎朝6時半に学生舎の前で点呼をとりますが、
寝坊して出てこない人間もまれにいます。

同部屋の人間がいるはずなのにおかしいですよね。

寝坊した本人も怒られますが、それ以上に同部屋を見捨てた学生の方が怒られます。

言葉にすると当たり前のことですが、
10代の後半で実際に体験する機会があってよかったなと思いました。

 

③1分あれば何でも出来る
防大はとにかく短時間で物事を片付けることを求められます。

たとえば容儀点検。

制服にアイロンがかかっているか、
靴は磨かれているか、
校章は研磨剤でしっかり磨かれているなどをチェックされます。

容儀点検に落ちると、
概ね5分くらい後に実施される再点検までに不備項目を訂正して、
なおかつ不備項目を記載した報告書を提出するわけですが、
分単位で物事を済ませていかないと絶対に間に合いません。

そのときの教育が身にしみていて、
「これくらいの時間があれば何ができる?」と考えたり、
できることの優先順位付けを瞬間的に頭の中でやっているなと
感じることが多々あります。

日常でも、
例えば新幹線発車前に3分くらい時間があれば、
トイレに行き、さらに弁当を買いに走ったりしますから、
同行者をはらはらさせてしまうこともしばしばあるようです(笑)。

 

さて、私の卒業式。

式後、
任官を拒否した十数名の卒業生が教場に集められ、
幹事(とても偉い方。陸将補)から講和を受けました。


今になってもよく思い出される言葉です。


「君たちが自衛隊に行かないことはまことに残念ではあるが、
防大で学んだことはこれから必ず君たちの人生の財産になる。
それをもって社会で活躍してほしい。
それも国防なんだよ。」と。


今どれだけ人の役に立ち、活躍出来ているか分かりませんが、
今後もこの言葉とあの頃の経験を糧に、
ビジネスの世界で頑張って行きたいと思っています。


この約2年で、
私が防大で体験してきたことを皆様にほぼお話つくしたのではないかと思います。


私の「人生に必要なことは防衛大学校で教わった」も
これで卒業とさせていただきたいと思います。

 

今までありがとうございました。

 

リーダーシップは場数?

先週、とある大学の先輩と久し振りにお会いする機会がありました。


その方は防大を卒業した後民間の会社に就職し、
その後ご自身で人材紹介会社を起ち上げられました。

その会社の特徴は幹部系人材の紹介に強く、
以前紹介候補となる人材対象者にアンケートをとったところ、
なんと95%以上の人材が、
過去に生徒会長やクラス委員長、部活動の主将などのリーダー経験があったようです。

幹部になる人はもともとリーダーとして選ばれる人なのか、
あるいはリーダーとして場数を踏んだから幹部になれるのかは
「鶏が先か・・・」の議論になってしまいますが、
防大では「幹部になるためにリーダーとして場数を踏ませる」
ということを体系的にやっています。


たとえば自身が専攻した学科別に組織された教務班。

1班概ね20~50人くらいになりますが、
この班長は全員で持ち回り。

班長は文字通りその班の指揮官となり、
教場への行進時に指揮を執ったり、
課業開始時に敬礼の号令をかけたりします。
*防大では授業の開始時と終了時に、
教官(会計学とか普通の大学の先生)に対して敬礼をする。


同じように訓練時にも班があり、
こちらも持ち回りで班長になって指揮を執ります。


そのほかにも、
学生舎(寮ですね)では
大隊・中隊・小隊ごとに設けられた週番制度(いわゆる当直です)があります。

週番は一週間ごとのローテーションで4年生が就き、
人員掌握、健康管理などを主に行います。

さらに週番に就いた暁には、必ずその週の自身の勤務目標を定め、
週頭の点呼時にレビューします。

「今週の勤務目標は『健康管理』。
各々うがい・手洗いを励行し、健康管理に留意せよ。」
という感じで。

さらにこの週番に対して補佐する役目を負う「付(づき)」がいて、
これには3年生が就きます。


その他、学生隊学生長、大隊学生長、中隊学生長、小隊学生長、
各種イベント(棒倒し、体育祭、持久走等)の責任者などなど、
各学生が必ず何回か長になります。


また、防大ではリーダーシップだけでなく
フォロワーシップも学ばされます。

リーダーの指揮下に入り、フォロワーの目線でリーダーを見つめ、
「自身がリーダ-だったらどうするだろう?」と考えられたのは、
とても大きな経験だったと思います。


今現在、私も経営者という立場にいるわけですが、
このころの経験が少なからず活きているなあと感じます。


皆様の会社でも、スタッフみんなが必ずリーダー経験を
積むことができるような仕掛けを作ってみてはいかがでしょうか。

 

留学生

防大では以前から留学生の受け入れを積極的にやっています。

私が在学時の留学生の出身国は、
タイ、インドネシア、フィリピン、シンガポール、マレーシアなどなど。

今ではこれらに加え、
韓国やモンゴルといった東アジアの国々も受け入れているようです。

私が所属していた小隊の1年生が全部で20~30人、
留学生がそのうち3人でしたから約1割くらいが留学生でした。

留学生は出身国の士官候補生たちで、
自身が希望して選抜試験に受かってはじめて来日してくるので、
おおむね優秀な学生が多かったように思います。

試験に受かる時期がまちまちなため、
留学生の年齢はばらばらで、
私が1学年時の同部屋になった留学生は26歳でしたから、
当時の私からすればずいぶん「お兄ちゃん」でした。


彼らは来日後、日本の学生とは異なり、
「0学年生」としてまずは日本語や日本の風習などを勉強をし、
その翌年晴れて1年生になります。

1年生になったら日本の学生と学生舎で起居をともにし、
同じものを食べ同じように授業を受け、校友会活動(クラブ活動)も
日本の学生と 同じように行います。

留学生どうしは母国語で会話しますが、
我々日本の学生とは普通に日本語で会話します。

「1年間でよくここまでしゃべれるようになるんだなあ」
と驚くほどです。


私も同部屋になった留学生と部屋でよく会話をしました。

お互いの国の話や、マンガの話
(私の同部屋はクレヨンしんちゃんの大ファンだった)、
芸能人の話
(私の同部屋はいつも鼻歌でZARDの「グッバイマイロンリネス」を
歌っていた)などなど。

日本人どうしの会話とかわりませんね(笑)


彼らは来日以降、日本という国で5年間過ごすことになるのですが、
彼らが防大で母国を意識するイベントがあります。

それが建国記念日。


学生の昼食は12時から13時までの間に食堂で
自由に摂ってよいことになっています。


が、留学生の出身国の建国記念日は一斉会食。

その国に敬意を表し会食前に全員で国家斉唱。
料理は当該国の料理が出てきました。


このように防大が積極的に多数の留学生を受け入れるのには、
両国の友好関係を築くため、
という理由があるかと思います。

確かに大変だった1学年時に彼らと起居をともにできたことで、
彼らを「同士」や「友人」として見られるようになりました。

これが「お客さん扱い」だったらだめだと思うのですね。

日本語で話し、日本食を食べ、防大のルールに従ってともに生活することで、
次第に彼らとの間にある国籍という壁を意識することがほとんどくなりました。


異文化コミュニケーションの
1つのヒントがあるような気がしています。

 

このページのTOPへ戻る

著者情報

著者イメージ

松本 宣春(まつもと のぶはる)
1973年生まれ。
出身:大阪府。
趣味:スポーツ観戦、読書。
特技:企画、人を励ますこと。
一言:世に無いサービスを提供し続けたいと思います。