ひとりボケ、ひとりツッコミ。

防衛大学校卒のIT企業社長によるブログ

ひとりボケ、ひとりツッコミ。

「向いてない」ことをやらない

NHKの所ジョージがやっているとある番組で、
「大家業」に関する特集をやっていた。

所ジョージ自身は「大家業」を全くやってないそうだ。

理由は「向いてないから」。

「儲かりそうだから」
「好きだから」

という理由で、
自分に向いていないことをやったしまうことが往々にしてある。

が、そういったことの多くが失敗しているのを見てきたし、
僕自身も経験したことがある。

また、本当は自分に向いていることなのに、
さまざまな理由をつけてやらなかったこともある。

恐らく所ジョージの他人より秀でている才能の1つは、
自分を客観的に見て、
「何が自分に向いていて、何が向いていないか」を
把握していることなのだろう。

「自分に向いていないことは、
たとえ他が成功していたとしてもやらない」

これから新しいことをやる際の重要な判断基準になると思う。

 

先日、所属する東京世田谷ロータリークラブにて、
元ジャイアンツの鈴木尚広さんの卓話を拝聴。

恐らくこの方も、
「何が自分に向いているか」を
よくご存知なのだろう。

このページのTOPへ戻る

著者情報

著者イメージ

松本 宣春(まつもと のぶはる)
1973年生まれ。
出身:大阪府。
趣味:スポーツ観戦、読書。
特技:企画、人を励ますこと。
一言:世に無いサービスを提供し続けたいと思います。